ヨーロッパの硬水ってどうなの?オランダ水事情

こんにちは!
今日は水事情に関して書こうと思います✏️

日本にいた時はコントレックスなどの硬水ミネラルウォーターを好んで飲んでおりましたが、
オランダの水は、水道をひねればコントレックス同等の硬水が出ててきます!
オランダに限らず、大陸続きのヨーロッパはほとんどの地域で硬水ですね。
ちなみにオランダやドイツ、フランスでは水道のお水をそのまま飲めますよ^^

「わーい!硬水が飲み放題、嬉しいなぁ!」

と、こちらに来て数日は思っておりました…、が、
お風呂に入って気付いたのです。

「あれ?髪がゴワゴワ…??肌もピリピリ?」

化粧水を塗って、しっかり保湿しても真っ赤に炎症を起こしているようなのです💦
後日病院でステロイド製の軟膏をもらって、一時期はよくなりますがすぐに肌が
また炎症してしまうのです(T . T)

”硬水では洗剤成分が肌に残ったり、ミネラル分が刺激に”

調べた結果、硬水で洗剤を洗い流すと、いわゆる石鹸カスが沢山発生し、皮膚や毛穴に残ってしまい、抜け毛や、皮膚トラブルの元になるようです。
硬水で汚れが落ちにくいのはそのためです。
日本から持ってきたジェラートピケもゴッワゴワの雑巾のようになってしまいました泣

アトピー持ちの方や、敏感肌の方は肌荒れに悩まされると思います💦

また、硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が皮膚を乾燥させます。

ヨーロッパの人はたまにしか髪の毛を洗わないのはそのためです。
毎日お風呂に入らない人もざらにいます😵笑

スポンサードリンク

ちなみに、硬度(mg/L)あたり0–60mgが軟水です。

日本のお水は島国で山があり、流れが早いためほとんどの地域で軟水です。
ヨーロッパ地域は硬度(mg/L)あたり181mgと超硬水地域ですので、こうも水質が違えば体に合わない人もいると思います><

でも毎日お風呂に入りたいし、美容にも気をつけたい!と思ったのです。
そこで、私は軟水変換器を買おうと思いました。
軟水変換器(€500くらい)は売っているものの、取り付けが賃貸のためできません(T . T)

イオ○ックというシャワーヘッド型浄水器を使ってみましたが、オランダは超硬水すぎるのか、ミネラル分は透過されてしまうのか、あまり変化を感じられず><

スーパーで軟水は手に入らないのか?

と、思ったのです。
せめて、荒れやすい顔だけでも軟水で洗いたい!!

それで調べたところ、「SPA」というミネラルウォーターが硬度20mgと、日本の軟水とほぼ同等の軟水でした。


硬水が負担になる赤ちゃんのミルクにも最適らしく、ラベルの後ろに赤ちゃんマークもついています。

わらにもすがる思いで早速こちらで顔を洗って見ることに…

す、すごい!!!
全然つっぱらないし、ゴワつかない!.°(ಗдಗ。)°.

軟水のありがたみを感じましたw
それからずっと肌荒れ知らずです。

今まで病院にかかった費用やお高い化粧品を買うための費用を考えると、
1回に使う量が500mlくらいで、1日1€、月に30€と考えたら使い続けたいと思いました。

また、硬水は皺の原因にもなるので、アンチエイジングも兼ねて、これくらいの投資はいいかな、と思っています。

どうしても荒れちゃう!という方、ぜひ一度軟水と比較してみてください(^ ^)

それではまた♫




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です